トップページ > 三重県内のバリアフリー観光情報 > 松阪 > 御城番屋敷(ごじょうばんやしき)

御城番屋敷(ごじょうばんやしき)

更新日:2013年10月31日
御城番屋敷前、石畳の道と生け垣
より大きな地図で 三重県バリアフリー観光情報マップ を表示
所在地・連絡先

住所 〒515-0073 三重県松阪市殿町1385
TEL 0598-26-5174

・開館時間 10時〜16時
・料金 無料
・休館日 月曜(月曜が休日の場合は翌日)、年末年始
・駐車場 なし

障害者専用駐車場 ×
車いす対応トイレ ×
貸出車いす ×
補助犬
※ 画像はクリックで拡大できます。

施設詳細

松坂城を警護していた紀州藩士の組屋敷として、文久3年(1863年)に建てられた。石畳の道の両側に生け垣が続き、江戸時代に迷い込んだかのよう。国の重要文化財に指定されている。
西棟北端の一軒(松坂城側から下りてきて、いちばん右手前の家)は内部が公開されており、庭や玄関土間部分へ立ち入って見学することができる。

松阪城の南東側の石畳の道の両側に、東棟10戸・西棟9戸が並ぶ。建物は槙の生垣で取り囲まれ、前庭、上り框のある玄関、裏庭と続く。
現在も住居として利用されながらも、昔のまま大切に美しく保存されているという、全国でも珍しい形態の建物。

公開住居以外の建物は住んでいる人がいるので、立ち入らないよう注意。

御城番屋敷 公開住居の玄関・前庭●御城番屋敷 玄関・前庭
公開住居への入口
公開住居への入口。槇垣の切れ目に玄関への通路がある。
公開住居 後庭からの眺め
公開住居 後庭からの眺め。
車いすの場合は、正面の玄関土間へは段差があるので、裏へ回り、後庭からの見学がおすすめ。
東棟北端にある土蔵
東棟北端にある土蔵。もとは松坂城内にあったものを、明治時代に移築したといわれている。

トイレ情報

松阪公園公衆トイレ外観

御城番屋敷付近にはトイレはない。
屋敷への坂を下る手前、松坂城の石垣下に、松阪公園公衆トイレあり。

バリフリPoint

後庭への通路

後庭への通路。溝には板が渡され、車いすでも通りやすくなっている。